2020年

2月

20日

SOTAを始めようかな?

 新型肺炎には参りました。国内での感染状況を見ると、「海外からの旅行者が日本への旅行を敬遠、日本からの旅行者は海外国に受け入れてもらえなくなる。日本からの飛行機も着陸許可がおりない」ような事態になるかもしれません。加えて我が家では両親の面倒を見る必要もあり、ここ暫くの間は自宅待機なのでは?という気がしております。でも、家に閉じこもるのは私には全くもって良くない状況で、体調不良に陥ってしまう。先日、丹沢の山でQRVしたのを良い機会に、では、SOTAに参加してみよう、と思い立ちました。

 山はちょくちょく行っていますので、SOTAに登録された山と合致すれば、その機会にQRVをしようかと思います。当面、430か1200ですかね? おいおいHFも考えようかと思っています。

0 コメント

2020年

2月

12日

関東UHFコンテスト 1200MHZで出てみました。

 今年は新規なことにチャレンジしてみようと思い、1200MHZで運用してみました。

(フォーンのみですので、電信電話部門への参加)

 友人と一緒に丹沢の山に登り、ハンディ機(1W)と二種類のアンテナを使いました。アンテナは同軸コリニア18段と、JP3DGTさんに譲っていただいたバイクワッドです(Biquad=バイカッドと発音するようです)。

 

 アンテナを二つ使ってみるのも、一つのチャレンジです。

 ただ、思いついたのが2月3日頃だったので、単純に2本のアンテナを用意しただけで切り替えSWはありません。切り替えは面倒で、SMAコネクタを捻ってその都度取り換えを遣りました。

(アンテナについては、「Antenna」の稿で詳細記載します)

 

※写真はコンテスト終了後に撮りましたので、ポールが下がってしまっています。Biquadは、銅板の部分のみ。同じポールにコリニアとBiquadを付けていたので、ケーブルが異常に多い感じ=ちょっと変なふうに見えています。

 

 当日は快晴の良いお天気でした。ですが、気温は-3℃ほど。常に弱い風があって、カイロが無いと居られない状態でした。寒くて声も震え、朝方は上手く喋れない状態にもなりました。やっぱこの時期の山岳運用はきついです。

 運用の様子は、

1)コンテストではチャンネルを占有するのはあんまり良くないと内心思っているので、

  最初から呼びまわりでスタートしました。なので、交信数は全然進みません(笑)。

  (コンテスターに占有について文句を言うつもりはありません。それも技量のうち)

2)前半はBiquadアンテナを使ってみました。指向性がだいぶしっかりしていて、

  かなり切れて驚きました。毎回アンテナを回しながら、電波状態の良い方向を

  探しました。

   最初は低い位置に置きましたが、少し上に上げないと受信音がしっかりしないので、

  コリニアのエレメントと重なるとは思ったのですが、コリニアは外さずに使いました。

  ※ポールが一本しか持参してなく、三脚も一個だけだった。

3)お昼には団体の登山客の方も来られたので、運用は辞めて、あれこれお話ししました。

  私も登山を愛していますので、私の無線運用で嫌な思いはしてもらいたくありません。

4)ワッチしているうちに空いているチャンネルがあったのでCQを出し、呼ばれる間は

  しばらくそのチャンネルに居ました。こういう時は交信が進みますね!

5)ログは手書きです。(コンピュータを持ってくるには、軽量化の工夫が必要です)

  なので、DUP交信も幾つかしてしまいました。申し訳ない。

6)午後1時頃からコリニアアンテナを使いました。コリニアの方が使い勝手は上ですが、

  1Wの電波で相手に強い信号を送るのは難しい。なので、送信時はビームアンテナに

  切り替えが効くのも、一つの方法かと思いました。

7)1200MHZは、相手の方向ではない方向から聞こえることもあります。山の上で

  そんなことはないだろうと思っていましたが、確かに変な方向が良い場合もあり、

  驚きました。Biquadでの実験の成果です。

 

 新型肺炎で海外への移動運用が難しい中、久々、山と移動運用が同時に楽しめ、今回は楽しかったです。寒かったけれど、雪が無かったのが幸いでした。

 交信頂いた各局、ありがとうございました。

 

(余談)

 430の電信電話部門に参加され、1Wでの運用で300局越えの実績を出しておられる方がおられます。少しお話を聞いてみました。

 関東Uでの430は激戦区です。上位5局となると、6時間で400局越え! しかも彼らはほとんど同じような交信局数、マルチになって、誰が優勝できるか分からないような状況だそうです。(総QSOが400局としても、1時間に65局以上交信しなければならない・・・)

 皆さん、凄いスキルだなあと思いますが、そういう中で、1Wで300局というような成績を残していらっしゃる。これにも正直なところ、驚かされました。

 でも、残念ながら入賞には至らない・・・。

 

 で、思ったんですが、そうした方こそが栄誉表彰を受けても良いんじゃないかなあ・・・。

 交信局数/運用ワッテージ、で計算して最上位の方に、特別賞(パーフォーマンス賞?)を送るのはいかがかですかねえ?

 今回のログ提出時に、意見を出してみようかと思っています。

0 コメント

2020年

2月

12日

コンテスト時のチャンネル占有について

 日頃、気になっている項目で、ちょっと考えてみました。

(FMという電波形式の場合、コンテスト中に使えるチャンネル数は限られます。他の電波形式より問題になりがちなのでは? と思って、改めて考察してみました)

 

 今、AさんがCQを出してBさんが応答、交信が行われているとします。その終了を待って、CさんがそのチャンネルでCQを出します。その際に、Aさんが「ここ使ってます!」といって、Cさんに苦情を言うのは正しいでしょうか? また、交信終了後、「暫くこのチャンネルお借りします」と宣言して、チャンネルに居座るのは?

 

 電波法では、「既に行われている通信については、混信を与える呼び出しはしないように」と指示しています。その項に従って、Aさんの発言は為されているのでは? と思います。

 ですが、ここでは、「交信が終わった瞬間に、そのチャンネルは空いた」と考えるべきなのではないでしょうか? その時点では「AさんもCさんも立ち位置は同じ・・・」

 

 もともと電波は公共の資産な訳で、多くの人に使う権利があると考えるのが本当かと思います。であるなら逆に、Aさんは、交信が終わったらさっさとチャンネルを開けるべきなんではないでしょうか? 後は、AさんとCさんの複数でCQを出した場合に、誰がどう応答してくるか? それを競うのが、コンテストの本来の姿なのでは?

0 コメント

2020年

2月

09日

関東UHFコンテスト、2月11日ですね。

 私のスキルでは、国内コンテストで活躍することはまずありえません。コンテスターの方々のスキルは凄くて、どうやったらあんなふうに? と思えるほどの水準です。なので、ほとんどいつも、応援参加です。とりわけ、JARLの4大コンテストは厳しいです。

 そういう中で、関東UはJARL関東支部が主催するユニークなコンテストで、交信を聞いていても、シャカリキではない楽しさがあります。昨年、一昨年とSWL部門で参加しましたが、6時間、楽しまさせていただきました。

 今年も友人と屋外にお出かけして、6時間参加の予定を組んでいます。今日は寒気団のお陰で寒く、信州はマイナス5度くらいですが、果たして11日はどうなりますか? 少しは居られる気温ですかね? お天気は晴れ予想、期待しております。 

0 コメント

2020年

2月

07日

不思議なこと

 2月3日から8日まで、アメリカ・フロリダ経由でプエルトリコに行く計画を立てていました。1月10日付けで航空券も買い、ホテルの予約も済んでいました。ところが1月20日にナウルから帰って見ると、急な新型肺炎の話で、どうにも雲行きが・・・。でも、諦めずに日々、情勢を見ていました。

 アメリカは発生国からの入国を禁止、日本も発生地域からの航空便を停止したので、私が乗る予定の航空便は、それほど危険性が高いようには思えません。

 2月3日出発当日、でも、何か気乗りがしない。どうしたんだろな? 今まで何度も旅に出ているのですが、こういう「出かける気がしない」気持ちは初めてです。

 無論、万が一感染したら、周囲への影響も大きいので、それがやはり影響しているか?

 見回すと、世の中の人の大半は、旅行を取り止めている様子もありません。私の乗る予定の便も、わずか7席余っているのみだったのが、目の前で3席埋まりました。

 だいぶ迷いました。 旅を組み立てるにあたり、いつもは「航空便のスケジュール変更や不測の事態に備え、キャンセル可、変更可のものを購入するようにしてきて」いますし、ナウルからの帰りの便も、それで助かっています。ところが、今回は「払い戻し不可、予定変更不可!」のものばかり。辞めてしまうと、かなり大きな損失になってしまいます。

 でも、どうか気が乗らない。結局、基本的に慎重サイドの選択をする私は、旅行は取り止めにしてしまいました。

 

 そうしたら二日後に実家から電話があって、お袋さんが緊急入院、手術をすることになりました。

 なるほど・・・。

 

 人間、こういうことってあるんです。どういう力が働いて、こういう風なことが起こるのか分かりませんが・・・。

  だんだん旅慣れてきて、航空券の購入にも慎重さが欠けてきたように思います。奢りが出てきたかな? 今回は旅の中止で、別の意味の教訓を得たように思います。

 

 新型肺炎の早期の収束を切望しております。

0 コメント

2020年

2月

03日

BUROからのQSLカード 200枚ほど

 1月は偶数エリアへの配信の月で、手元に沢山のカードが届きました。一番多いのはコンテストに参加したT88PBへのものです。初QSOで送っていただくのは分かりますが、コンテストでのQSOはリピートが多いことと、非常に沢山の数に上ります。できるだけ控えていただけるようお願い致します。(到着分に関しては非礼のないように返事は致しますが、極力、アワードやDXCCに直接関係する案件のみにお願いします)

0 コメント

2020年

1月

31日

新型肺炎の問題で、暫く海外での運用は休止の予定です。

 1月20日に無事にナウルから戻ってきたのですが、その頃から新型肺炎問題が話題に上がるようになりました。発生国では、本来ならばもっと早くから対策をしてほしかったのですが、ウイルスはあっという間に広がってしまい、恐らく日本国内でも、気が付いていないだけで多くの場所に広がってしまっているのでは、と思われます。

 当初、2月初旬にUSA方面でQRVしようと考えていたのですが、欧米からの発生国への便の運航停止もあり、事態は厳しいと感じております。(ということは、日本で数十から百のオーダーでの感染が出た時点で、日本への欧米からの飛行機も止まってしまう可能性があると思います。パプアニューギニアは、アジアからの渡航禁止です。オーストラリアも、私も行ったことのあるクリスマス島で隔離対策を実施・・・。発生国からの旅行者で、本国に帰国さえできない人も多いそうです)

 

 個人で出かける海外旅行はリスクも高く、あれこれ考慮した結果、暫く海外移動運用は休止とすることに致しました。発生国政府にはしっかりと対策を進めていただき、早期の解決をしていただきたいと思います。何とか無事に問題が克服されることを、切に願っております。

(2月6日)追加情報です。

 V6(ミクロネシア)は、日本をウイルス感染国として指定し、「乗り継ぎ地のグアムなどで14日間以上の滞留をして感染していないことが確認できるまで、入国ができない」ということになったそうです。各国の情報に注意が必要です。

0 コメント

2020年

1月

20日

C21NH, T30NH Operation finished . Thanks so much !

 C21NHは15,16日に運用して、運用終了しました。(18日は飛行機の都合で運用なし)

また、T30NHも18日夕方に運用を終了しました。今回は小型アンテナでのFT8のみの運用となりました。QSOいただいた各局、ありがとうございました。

 何度もコールいただいたのにQSO出来なかった局長さん、申し訳ありませんでした。10局以上呼ばれたままの状態も多かったです。(なので、どうしても待っていただかねばならない状態になります) それと、こちらから何度もコールしても先に進まない局もありました。私の信号が毎回見えていて送信されているのかとは思いますが、どうにも難しいケースです。

 それと、こちらからR-何々が送られた場合は、その後のRR73が確認できなくても、「途中終了」みたいなコメント付きでログに入れるようにしています。今回も10回近くRR73を送られてきた局があり、なるべく73を送るようにはしましたが、その分、他の局のチャンスを削ることになります。こちらではパイル時は「RR73」もしくは「73」は問い合わせがあっても2回で切り上げています。悪しからずお願い致します。

 

 C21NH分は今朝、LoTWにアップロードしました。

 T30NHは手元にスキャナがないため、自宅に帰ってからの対応となります。

 

(追記) T30NHは、1/23 LoTWにアップロードしました。

0 コメント

2020年

1月

16日

C21NH 昨夜の40mでのQSO、ありがとうございました。

 昨日は夕方7時半ころまで20mで信号が見れていたのですが、コンディションが移り、夕食後に、40mのアンテナに立て換えました。

 下部エレメントが長いので、東屋の一番海側にポールを持って行ったのですが、垂直部分は3mほど、その他の部分は地面に這っています。これで何とかなるのかしら? と思ったのですが、それでもQSOが可能でした。これには驚きました。ただ、私が貰うレポートは-16とか-20で非常に厳しい感じだったので、雨が止んだのを機に、部屋のそばの空き地に移動して、全長5mにして立て直してみました。でも、性能的にはほとんど変わりませんでした。

 40mはこちらの16日朝1時過ぎまで遣っていましたが、さすがにフェードアウトですね。80mをワッチしたところ、数局、見えましたが、遂にくたびれ果てて寝てしまいました。夜中にまた大雨が来て、朝方はアンテナは使えず・・・。

 朝、8時過ぎてから雨が止んだので、17mのアンテナに張り換えて出てみました。USAと10局ばかりQSOが出来ました。

 今日は日中のみの運用になります。明日の朝7時にフライト予定のため、荷物の準備もしないといけませんので。(一日だけですが、西キリバスに行って来ます)

 

※免許のコピーが貰えたのでLoTWの申請をしましたが、キーが送られてくるには時間が掛かります。なるべく早期にLoTWにアップロードします。

(C21WWの大型ペディがあった後なので、私としては気楽に遣っています)

3 コメント

2020年

1月

15日

C21NH I could start 20m FT8 . Thanks so much for many QSO !

Today , storm is coming and , hole day , it is heavy raining !

I constructed MV antenna for 20m . It is under a small housing . The roof is metal . And the housing is situated between 2 big housings .

※I can not use WiFi in my room . I can read e-mail only at the hotel front .

 

 2棟の間の東屋の下に長さ3mのMVアンテナが立っています。東屋の屋根はトタン板。これでどうやって飛んで行くんですかね? JAは、左の棟に向かう方向で、電波は全然飛びそうにありませんが・・・。

 部屋ではインターネットは繋がりません。100m以上離れたフロントまで行かないと、メールも見れない状況です。

 左の写真にありますが、屋根から水が滝のように流れます。

 

 ともあれ、今日はだいぶ沢山のQSOいただき、ありがとうございました。心より感謝しております。何とかQRVまで漕ぎつけました!

 

※VKの方から6mでEスポが出ているので出てほしい旨のメールが来たのですが、それを見たのは夜になってからで、もう間に合いませんね。それに、6mのアンテナは張れてません。(張るにはいろいろとやらねばならず、ちょっとの時間では無理)

 30mか40mに出たいですが、高い屋根の場所はなくて、無理のような気もします。

 

4 コメント

2020年

1月

15日

C21NH ドシャブリ雨でアンテナ立たず・・・。

 今回は本当についていません。運用許可をもらった15日から「運用開始!」と思ったのですが、夜半から雨になり、ドシャブリ雨になりました。予報は酷くて、大きな嵐が来ていて土曜日まで雨が続く!

 

 私の持ってきたMVアンテナは雨が降ると働きません。傘もない状態で(こちらの人は雨のときは待機です。だいたいはすぐに止む)、アンテナ設置の見通しが立ちません。最悪、軒下アンテナで試みますが、棟と棟の間にしか建てられず、交信は難しそうです。

 

(写真は部屋から少し離れたところにある東屋で、ここまでケーブル引っ張ってハイバンドなら、何とかなるかもしれません。でも、兎に角雨は勢いが強い。部屋とフロントの行き来さえも苦労してます。部屋でも雨漏りしてます)

 

 何とかカッパを着て食堂まで行ったのですが、写真のように雨漏り状態。これが土曜まで続く、どうしよう・・・。

 

 2月に関西のチームの方がQRV予定だそうです。彼らには幸運、ありますように!

 

(追記)

 20m用軒下アンテナは設置できたのですが、何にも入感ありません。CWもFT8も。他のバンドも何も見えません。(受信機、変なのかなあ?)

 根気よくやってみます。

2 コメント

2020年

1月

13日

1月13日 何とかホテルに到着

 昨夜のブリスベン発ナウル行き(737-300)は8割近くの乗客率でしたが、スタートが40分遅れでした。直行便かと思っていたのですが、何とホニアラに着陸、理由は給油のためでした。1時間以上機内で待って再度出発、ナウル空港に着いたのは夜の8時でした。

 外に出ると暑くて蒸している。ようやくホテルの車で送ってもらって、ホテルに入りましたが、どういう訳か今度は寒くて仕方がない。冷房を停めて寝たのですが、それでも夜じゅう寒く感じました。赤道直下の夏なのに、何故か寒いくらいです。実は今日の日中もそれほど暑くない。曇ってますが普通の服装で問題なく戸外を歩けます。日本の夏の方が遥かに暑いです。

 午前中に役所に行って、免許の発行の相談をしたのですが、担当官の方は外国です、と言われました。12月の彼からのメールを見せて発行はしてもらえる感じですが(すでに必要書類は送ってある)、支払いは現地とあったのでまだですし、インボイスも貰っていないのでどうなるやら。再度午後にきてください、というのでホテルで待機中です。

 それと、ここはすべてが現金支払いで、オーストラリアドルでないといけません。仕方なく銀行で交換してきましたが、交換率が凄く悪い。手数料が15%以上、掛かる計算で、これはきつかったです。

(以降は「ナウル」の項に記載します)

※QRZ.COMによれば、2月に関西のチームの方がここでQRVされるようですね。私は免許がOKかどうか分からないし、アンテナ設定も上手く行かない環境なので、少しでも電波が出れば良し、のレベルで帰ります。

0 コメント

2020年

1月

12日

1月12日 大失敗にもめげずに、何とかブリスベンまで来ました。

 今回は出発前に大失敗。家を出る1時間前に、オーストラリアはVISAが必要なことに気づき大慌てです! 何とかETAシステムで申請するも、「72時間掛かる可能性もある」とのことで、これは一大事です。或いは14日のフライトに変更か? とまで追い込まれましたが、成田まで行く間に審査が完了し、何とか出国することが出来ました。我ながら、何という大失敗・・・。爺さんになりましたね。

 

 ブリスベン到着は朝の6時前で、ナウルはそこで5時間以上待って出発ですが、航空会社のカウンターでまたひと悶着ありました。

 理由は、私がナウル滞在中に西キリバスに行くチケットを持っていることで、そういうのが許されるかどうかで調査が始まり、カウンターの方がナウルの政府の方と電話でやり取りして、何とか決着が付きました。まずはここは出発してナウルまでは行けることになりました。

 ナウルのVISAは1回VISAで、「その間にキリバスに行ってくる場合は、向こうのオフィスに出向いて新しいVISAを取得する必要がある」と言われていますので、その旨も言ったんですが、なかなか大変でした。

 でも、まずはナウルまでは行けそうです。

 ナウルはクレジトカードが使えず、ホテル等も支払いは現金です(AUD)。 これがかなり困ります・・・。AUDは交換率が悪いですし、現金はなるたけ持ち歩きたくないんですが。

0 コメント

2020年

1月

09日

2020年1月 ナウルでQRVの予定

 さんざん苦労してようやく出発に漕ぎつけましたが、実際は入国が出来るかどうかは、その場所まで行ってみないと分かりません。入国にはVISAが必要なのですが、今もらっているのは「VISAを発行してもらうための事前書類」です。飛行機が到着して入国できるまでは、まだ何とも言えない状態です。

 それと、計画段階では可能性があったため、途中で2日間、西キリバスに行く予定を組みました。ですが、ほとんどの作業が終わって書類も貰った後に、ナウル航空から「この日の便はキャンセルします!」という突然のメールが届き、計画はやり直しになってしまいました。

 そういう事情があるもので、今回の旅は行ってみないと分からない、一種の冒険の旅です。無線免許も、行ってみないと取得できるのかどうかも分かりません。

 

 ということで、コールサインも無論決まっておりません。

 無事に入国でき、無線運用が適うことを祈っております。日本は11日の夕方に出発し、ブリスベン経由で12日の夕方にナウルに到着の予定です。

0 コメント

2019年

12月

29日

2019年、行事終了です。

 年末になりました。昨日、BUROからJD1BOW分のQSLカードが届きました。これで、2019年の行事はすべて終了です。本日、田舎に帰って、年越しします。今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 巷の情報では、既にサイクル25の太陽黒点が発生し始めているようですね!

 2020年が良い年でありますように・・・。

2019年

12月

21日

西マレーシア 無事にクアラルンプールに到着しました。

 11時過ぎのJAL便で成田を経ち、無事にクアラルンプールに到着しました。JAL便は食事が良いですね。エンターテインメントも日本のPOPSが入っていて、嬉しい限り。イギリスから帰る時も、JALに乗っただけで「日本に帰った」みたいな安心感がありました。帰りは楽しみながら帰りたいです。

 今回、あれこれと工作疲れもあって映画などは見る気もせず、ほとんど寝てきました。後の詳細は「9M2JKL」の欄に記載します。

 

0 コメント

2019年

12月

09日

T88PB operation finished . Thanks so much !

 8日は雨降りの日で、午後から14MHZ⇒10MHZの順で運用したのですが、雷が来てしまい心配でした。夕方から80mを、と思って立ち上げてあったMVもびしょぬれになり、役に立ちません。仕方ないので、今回は既設のダイポールで運用することにしました。

 80mの北米は残念ながら、数局のみです。やはり「一回は見えても交信に至らない」というケースがあり、これは惜しいですね。最初から「レポートを送ってもらい、こちらからのリターンレポートが受信できればOK」とでもいうようなやり方でないと、未来永劫、QSOできない気もしました。ほんと、RR何々以降は、毎回必要なんですかね?

 

 初めてKOREAN AIRで往復しました。帰りの飛行機は能登半島の上を飛び、白山や新潟県境の山々、飯豊や磐梯山、朝日連峰、鳥海山などが見えましたが、雪を被って白と尾根の黒い筋の世界で、綺麗でした。これを見れたのは、本当にラッキーでした。日本はいいなあ。

 でも、家に帰ったらやっぱし寒い。あったかい所がいいなあ・・・。

※詳細記事は、「T88PB」の8回目の項に載せております。

 

 今回もまた、ありがとうございました。

0 コメント

2019年

12月

08日

T88PB Data(07/DEC) uploaded to LoTW. Condx (160m) was not good .

 昨日は午前中に睡眠を取り、午後に20mで運用後、休憩をとって160mに臨んだのですが、北米へのコンディションは良くなくて、全くQSOができませんでした。東海岸の方から「80mで未交信の人も多くいるので、そこでオンエアしてほしい」旨の連絡を貰ったこともあり、その後は80mで運用しました。(この日は最初に、160mでJA向けに運用しました)

 本日は最終日です。夕方以降に80mで運用を行ったあと、アンテナを片付けて日本に帰ります。

※ Condx (160m) was not good on 07/Dec . I tried 80m , but it was a little late .

    = after sunrise .

    Today , I am operating on 80m for the members of the east coast , NA .

    Mainly , 1100Z to 1230Z . 

0 コメント

2019年

12月

07日

T88PB uploaded Data on 06/DEC to the LoTW

 昨日QSO分は、LoTWにアップ致しました。今回は160mのアメリカ/ヨーロッパとの交信をメインの目的としており、JAの方々には多々、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

(JAとはFT8=20w程度の出力でも交信可能なのですが、大陸へはその10倍の出力でも交信が難しく、長い時間、強い信号で入感しているだろうJA各局には、大変申し訳なく思っております)

※ I operated 160m FT8 and could catch signals from DX . However , there were many cases where  " catch one ! = QSO has not completed " . It was so sorry .

And yesterday  I missed a good time for the east coast of NA .

Today , I would like to operate from 1100Z to 1230Z . 

2 コメント

2019年

12月

05日

T88PB 今回は160mに集中しての(夜間)運用です

 今夕出発します。夜2時頃に向こうに着いて、明日の日中はアンテナなどの工事の予定、運用は夕方からです。160mで運用します。

I would like to start my operation from 2100Z on 06/DEC/2019 , 160m .

★160m FT8 or CW for NA , SA , EU .

0 コメント

2019年

12月

02日

FW/M0JHQ DIRECT請求分のQSLカード、本日発送致します。

 昨日は、BUROから届いたT88PB向けカードの返信を書いてました。本日、レターパックにて発送します。

 また、FWのカードの制作も終わり、現在ダイレクト請求をいただいている方の分を書き終わりまして、本日発送致します。

 師走になりました。年賀状を出す時期になってしまいましたね・・・。

 

※日本に戻りましたら、花粉症が再現して困っています。11月22日出発後、ウォリスではずっと快適だったんですが、こちらに戻ったら再び・・・。何かが飛んでいますね。

 ちなみに、昨日、元気に飛んでいる大スズメバチを見かけました。困ったことに、だいぶ暖かいんですね・・・。地球温暖化は、もう後戻りできない気がします)

0 コメント

2019年

11月

29日

BuroからのQSLカード 11月到着

 家に戻りましたら、BUROからのQSLカードが到着しておりました。(221枚です)

これから返信致しますが、QSLカードが増え続けて困っている面もあり、アワード申請などで本当に必要な場合にのみ、送付いただけるようお願い致します。

(とりわけ、T88PBのように「何回ものQSOが行われていて、コンテストなどの参加の場合」は、極力発行を見合わせていただけるようお願い致します)

2019年

11月

27日

FW/M0JHQ operation finished !

Thanks so much !

 

(追伸)

 28日午後3時、無事に我が家に戻りました。帰りは関空経由で、大層長い旅でした。

今回も沢山のQSOをいただき、ありがとうございました。深く感謝しております。

(家に着いたら、DIRECT分のQSLカード請求が来ておりました。発行まで多少時間が掛かるかもしれません。少しお待ちください)

※DXCC申請やアワードに必要なQSLカード発行依頼は歓迎致しますが、そうでない場合は極力、カード発行は控えてくださるようお願いします。対応しきれない状態になってきております。

2 コメント

2019年

11月

27日

FW/JA0JHQ DAY-4

 現地時間で朝まで頑張り、3時間ほど寝てから翌朝の食事をしているような状態でした。なので、どうしても昼間に寝てしまいます。この日は夕方から17mで出てみました。軒下アンテナです。

 今回は下準備が不足でした。ペディモードもできなければ、V何ちゃらも使えませんで、通常のバンドを占有してしまうような感じになって、申し訳ないなあ、と思っております。次回までに勉強します。

 夜の間は雨が降って80mのアンテナが働かず、160mで3局出来たのみ。

2 コメント

2019年

11月

26日

FW/M0JHQ DAY-3

 ウォリスと日本の時差は3時間です。ニューカレドニアでは2時間だったのですが、てっきりここもニューカレドニアと同じかと思っておりました。昨日の夜は日本時間で朝の2時頃までオペしていたので、朝の5時まで、要は徹夜じゃん!

 というわけで3時間ほど寝ただけで、朝の食事をし、暑くならないうちにと160mアンテナを下して80m用に張り換えたのですが、全然ダメ。周波数は合っているのですが、SWR=2.3で話になりません。リッツ線をいじるのは遣りたくなく、仕方がないので40mのアンテナ+電線コイル巻で試みてみたのですが、4MHZくらいまでしか下がらない。覚悟を決めて、リッツ線をほどいてアナライザで測り、の作業を延々と遣りました。

 結果、午前いっぱいかかって、何とかSWR=1.5まで下げたのですが、3,550KHZから上に合っちゃった! 炎天下での作業でフラフラする感じの時もあり、多少涼しい部屋と行ったり来たりしながらでした。というわけで運用は午後からです。この日も朝5時まで頑張ったので、DAY-4の午前中はもう寝るしかありません。

 苦労の甲斐あり、80mはだいぶQSOが出来ました。その様子は本編に。

3 コメント

 

 

QRV Info.  (Local Time)

2020
 JAN/17-18  T30NH
 JAN/15-16  C21NH     
2019  
 DEC/22  9M2JKL
 DEC/6-8  T88PB
 NOV/23-27  FW/M0JHQ
 NOV/3-4  BY7WGL

 OCT/6

 PA/JA0JHQ

 OCT/5

 M0JHQ/P

 OCT/4  MD0JHQ
 OCT/3  MI0JHQ
 OCT/2  MM0JHQ
 SEP/6-9  T88PB

 JUL/16

 JUL/15

 ON/AH0CO

 PA/JA0JHQ

 JUN/15-23  T88PB
 MAY/07-09  8Q7NH
 APR/19-21  RA0/JA0JHQ
 FEB/15-17  JD1BOW
 JAN/25-29  T88PB
 JAN/17-21  ZL7/JA0JHQ
 JAN/16  ZL/JA0JHQ
2018  
 DEC/5-11  T32NH
 NOV/23-26  T88PB
 OCT/18-21  YB2/JA0JHQ
 SEP/27-28  SEP/26-27  LA/JA0JHQ
 JW/JA0JHQ
 AUG/31-SEP/03  T88PB

 JUL/25

 JUL/24

 JUL/23

 SM0/JA0JHQ
 OH0/JA0JHQ
 OH/JA0JHQ
 JUN/14-18  3W9NH
 MAY/31-JUN/02  JA0JHQ/OE
 MAY/29-JUN/03  DL/JA0JHQ
 MAR/21-26  V73NC
 FEB/21-24  JD1BOW
 JAN/27-31  T88PB
2017  
 NOV/28  OA no QRV
 OCT/15  BW/JA0JHQ
 SEP/01-05  E51JHQ
 JUL/26-30  S79NH
 JUL/7-11  M#/JA0JHQ
 JUN/16-19  AH0CO/KL7
 MAY/26-29  EI4VYB
 APR/23-30  JD1BOW
 APR/07-09  AH0CO/KH6
 MAR/20-21  EA9/JA0JHQ
 FEB/10-12  9H3NH
 2016  
 NOV/24-28  A52NH
 OCT/14-17  CE0Y/JA0JHQ
 SEP/22-26

 5W0JHQ

 SEP/01-04  JT5NH
 JUL/28-AUG/1  JA0JHQ/6
 JUN/16-19  9N7NH
 MAY/04-10  E6AC
 APR/08-10  HL4ZHC
 MAR/17-21  A52NH
 FEB/13-22  JD1BOW
 2015  
 OCT/10-13  JA0JHQ/VK5
 SEP/19-26  JA0JHQ/VK9C
 SEP/03-07  YJ0NH
 JUL/18-21  JA0JHQ/TF
 JUN/19-21  JD1BOW
 MAY/07-11  JA0JHQ/VK9X
 MAR/28-30  JD1BOW
 MAR/12-16  A35JR
 JAN/31-FEB/01  ZL7/JA0JHQ
 JAN/09-12

 AH0CO/KH8

 2014  
 DEC/19-21  JA0JHQ/VK9N
 NOV/21-24  FK/JA0JHQ
 NOV/01-04  JD1BOW
 OCT/11-14  JD1BOW
 OCT/03-05  V63XP
 SEP/12-16  AH0CO
 SEP/05-08  T88PB
 AUG/10-12  JA0JHQ/VK9L
 JUL/20-22  9M6/JA0JHQ
 MAY/23-25  AH0CO/KH2
 MAR/26-30  9M6/JA0JHQ
 FEB/28-MAR/02  AH0CO/KH2
 FEB/01-02  AH0CO/KH2
 2013  
 OCT/25-27  KH0/JA0JHQ
 SEP/05-07  T88ZD